足部の痛みの原因となる末梢神経の絞扼と筋肉【部位別】

痛みや痺れの引き起こす原因は数多くありますが、押さえておきたいポイントの一つが「末梢神経の絞扼」です。

 

別記事で、殿部および下腿部の痛み・痺れの原因となる末梢神経の絞扼について部位別にまとめました。

殿部の痛みの原因となる末梢神経の絞扼と筋肉【部位別】 下腿部の痛みの原因となる末梢神経の絞扼と筋肉【部位別】

 

この記事では、痛みや痺れの原因となる末梢神経の絞扼と、その末梢神経を絞扼する筋肉について部位別にまとめていきます。

 

足部の末梢神経もしっかりと押さえておきましょう!

足背部(足趾含む)の痛みの原因となる末梢神経の絞扼

まずは足背部(足趾含む)の痛みや痺れの原因となる、末梢神経の絞扼についてみていきましょう!

引用:VISIBLE BODY

 

臨床でも腰部疾患の方で、この部分に特に痺れが出ている人は多くいらっしゃいます。

また腰痛や下肢この部分の痺れだけが残ってしまう方も多い印象。

 

痛み・痺れを引き起こす末梢神経

この足背部(足趾含む)に痛み・痺れを引き起こす末梢神経は以下の神経。

・浅腓骨神経(→内・外側足背皮枝へ分枝)

引用:VISIBLE BODY

 

これらの末梢神経は以下の筋肉によって絞扼されることが多いです。

・長/短腓骨筋

 

・長趾伸筋

 

長・短腓骨筋と長趾伸筋の間で滑走不全が生じている場合に、浅腓骨神経は圧迫される形となり痛みや痺れが出現してきます。

 

特にこの筋間で浅腓骨神経が絞扼されることで、足趾にも痛みや痺れが出現します。

 

さらにこの部分は、足関節底屈の制限因子となる部分でもあります。

【見逃しやすい】足関節底屈制限の評価とアプローチ

足底(足趾含む)の痛みの原因となる末梢神経の絞扼

次に足底(足趾含む)の痛みや痺れに関わる末梢神経の絞扼についてみていきましょう!

引用:VISIBLE BODY

 

足底部にも痛みや痺れを訴えられる患者さんは、一定数いらっしゃいます。

ここの末梢神経の絞扼もしっかりと覚えておきましょうー!

 

痛み・痺れを引き起こす末梢神経

足底部(足趾含む)に痛み・痺れを引き起こす末梢神経は以下の3つの神経。

・脛骨神経

 

・内側足底神経

 

・外側足底神経

引用:VISIBLE BODY

 

これらの末梢神経は以下の筋肉によって絞扼されることが多いです。

・短趾屈筋

 

・母趾外転筋

 

・足底方形筋

 

特に短趾屈筋や母趾外転筋は、臨床でみても緊張の高い方が多く、しっかりとリリースしておきたいポイント!

おすすめ書籍

足部に関しては、他の関節比べて専門の書籍が少ない印象ですが、最近は少しずつ増えて来ました。

 

足部について詳しく学びたいというセラピストにおすすめなのがこちらの書籍

 

この書籍一冊で概ね足部に関しては網羅出来ると思います。

 

さらに足部の筋肉は細かく、触診も複雑で難しいです。

触診が苦手な方には、こちらの書籍がオススメ

 

ぜひ、チェックしてみて下さい ^ ^

おわりに

いかがでしたでしょうか?

 

足部の痛みや痺れは、末梢神経由来で出現しているケースが多くあります。

 

腰部疾患のリハビリで、最後に足部周りに特に痺れが残ってしまうケースでは、これらの末梢神経を考慮してみて下さい!

 

末梢神経の絞扼と、その絞扼に関わる筋肉の位置関係や走行をイメージ出来ていれば、足部の痛みや痺れを軽減できるケースも増えてくると思います。

 

ぜひ参考にしてみて下さい♪( ´▽`)

 

最後までお読み頂きありがとうございました!