理学療法士が手取りを3万円増やす方法

リハビリ向けおすすめオンラインセミナー3選プラスα【令和はネットで学ぶ時代】

悩む理学療法士

リハビリ向けセミナーもオンラインで開催されていますが、勉強になりますか?

おすすめのオンラインセミナーも知りたい!

 

今回はこんな悩みを解決していきます。

 

この記事で分かること
  • リハビリ向けオンラインセミナーの特徴
  • オンラインセミナーのメリット、デメリット
  • オンラインセミナーおすすめ3選プラスα

どうも、山崎(@RehabiliTimes)です。

 

以前は週末ともなれば全国各地でリハビリ向けセミナーが開催されていましたが、コロナ禍でリアルなセミナーは軒並み中止に…。

 

そこで一気に台頭してきたのが、ZOOMを使ったオンラインセミナー!

 

とはいえ、リアルなセミナーに慣れている人は、本当に知識が身につくのか不安もあるはず…。

 

先に結論から言えば…

オンラインセミナーはめっちゃくちゃ勉強になりますし、すきま時間でセミナーを受けれたりと勉強以外のメリットが多いです。

 

この記事では、実際に使っている僕だからこそ分かるリハビリ向けオンラインセミナーのメリット・デメリット、オススメのセミナーを紹介して行きます^ ^

 

オンラインセミナーを利用してみたいなと考えている人は、参考にして下さいね!

 

では、詳しくみていきましょうーッ!

リハビリ向けオンラインセミナーの特徴

現行のリハビリ向けオンラインセミナーは、主に以下の2パターンがあります。

  • 単発配信(リアルタイム)
  • サブスク型配信(見放題)

 

リアルセミナー同様に、料金を支払いセミナー配信の開始〜終了まで視聴して勉強するパターンと、セミナー動画が用意されていて月額料金を支払って、好きなだけ勉強ができるサブスク型があります。

 

最近だと、後者のサブスク型のオンラインセミナーが増えてきています。

 

中には、サブスク型(見放題)をメインとしつつも、随時リアルタイム配信(単発)も行なっているオンラインセミナーも多いです。

 

その他にもオリジナル動画が視聴できたり、講師との交流があったりと一方向の学習だけじゃなく、より理解度を高めるサービスが増えてきています。

オンラインセミナーのメリット、デメリット

次に、実際に単発配信とサブスク型のオンラインセミナーを活用してる僕が感じたメリット・デメリットを紹介していきますね。

 

メリット

実際に利用して感じた、リハビリ向けオンラインセミナーのメリットは以下の3つ

  1. 時間の節約(会場までの移動時間など)
  2. すきま時間で勉強できる
  3. 見返すことで学習効率アップ

 

僕は地方住みなので、セミナーへ参加するために前泊とかも珍しくなかったですが、オンラインだとその必要もなくめちゃくちゃ時間の節約になります。

 

さらに見放題のセミナー配信だと、すきま時間で学習できたり、理解できない箇所は見返したりできるので理解度はかなり高まります。

 

なんとなく理解したつもりから、本当に臨床で使えるところまで落とし込めるので、治療成績も上がりました^ ^

 

しっかり理解してこそ使える知識になるので、繰り返しみれるのは嬉しいですね!

 

デメリット

オンラインセミナーはメリットも多く良いサービスなんですが、もちろんデメリットも…。

 

実際に利用して感じた、リハビリ向けオンラインセミナーのデメリットは以下の2つ

  1. 実技面は学習しにくい
  2. 通信環境で途切れることもあり

 

オンラインセミナーの弱点は、実技が学習しにくいこと。

 

病態などの座学面はめちゃくちゃ学習効率は良いんですが、オンラインという特性上、どうしても実技が難しいのでそこはデメリット。

 

でも、オンラインなので何度も繰り返し視聴できるので、病態や知識をしっかり理解すれば、自然とアプローチも見えてくるので実技がなくても大丈夫かと思いますよ^ ^

 

また講師、もしくはこちらの通信環境によっては途中で画像が止まったりとかもなくはないので、そこもデメリットとして挙げられます。

 

ですが、オンラインセミナーのメリットはかなり大きいですし、今後もセミナーはオンラインにシフトしていくのは間違いない流れなので、今から安定したネット環境を整えておくと良いでしょう!

 

僕はNURO 光にして、かなり通信が安定しました。

 

リアルタイム配信のセミナーだと、通信が混雑しやすい時間帯(20時〜22時代)に配信されることが多いですが、NURO光は問題なく受講できていますよ。

 

1年間、月額980円

NURO 光に申し込む



リハビリ向けオンラインセミナーおすすめ3選

それでは、実際に使ってみて良かったオンラインセミナーを紹介していきますね。

 

おすすめは以下の3つのオンラインセミナー

 

それぞれ紹介していきますね。

 

1.リハノメ

月額料金2,181円〜
セミナー形態サブスク型配信(見放題)
おすすめな人病院・老健で勤務するセラピスト
運営会社合同会社gene

 

まず最初にご紹介するのが、セミナー開催で有名な合同会社geneが運営する「リハノメ」。

 

リハメノは、PT/OT/ST向けの動画が毎月12テーマ以上(各4テーマずつ)配信されていて、過去に配信された動画も視聴可!

 

中枢・整形疾患〜介護保険まで幅広いテーマが配信されていて、病院・老健で勤務するセラピストに特におすすめ。

 

講師陣も豪華で、各分野のトップランナーがセミナーをしてくれていますよ^ ^

 

リハメノの特典

  • 長期の契約(6ヶ月以上)で割引きアップ
  • geneセミナー2,800円OFF

 

コンテンツ数No.1

リハノメお申し込みはこちら

 


 

2.動きと痛みLab

月額料金3,300円〜
セミナー形態サブスク型配信(見放題) +単発配信
おすすめな人運動器疾患を対象にするPT・OT・柔整
運営会社株式会社 運動と医学の出版社

次にご紹介するのが、足底板で有名な園部俊晴先生が運営する「動きと痛みLab」。

 

動きと痛みLabは、10日に1回のペースで園部先生の臨床に役立つ動画が配信されたり、過去のセミナー動画が視聴できたり、単発配信があったりします。

 

さらに会員だけの限定動画があったり、オンライン交流があったりと、少しサロン的な要素も併せ持っています。

 

講師陣は園部先生が認めた、本物の理学療法士だけというこだわりぶり!

 

運動器疾患を中心にリハビリしているセラピストにおすすめのオンラインセミナー になっています。

 

動きと痛みLabの特典

  • 会員限定の動画が視聴できる
  • 臨床Q & Aがみれる
  • 書籍購入の割引き
  • オンライン集会に参加できる

運動器疾患に特化

動きと痛みLab お申し込みはこちら

3.リハデミー

月額料金3,278円
セミナー形態サブスク型配信(見放題)
おすすめな人病院・老健で勤務するセラピスト
運営会社Rehatech Links株式会社

最後に紹介するのが、リハテックリンクスが運営する「リハデミー 」。

 

リハデミー は、動画配信に加えて、トピック記事や論文紹介、さらには講師陣に直接ZOOMで質問できるなど、より多角的な学習ができるオンラインセミナー。

 

動画時間も700時間以上かつ、トピック記事・論文も1100以上と圧倒的なコンテンツ量で学習を後押ししてくれますよ^ ^

 

講師陣も誰もが知ってる有名なPT・OTの先生ばかり!

 

リハデミー の特典

  • 無料お試し期間あり(14日間)
  • 倍速再生で時間を有効活用できる
  • 定額固定で追加費用なし

幅広く学習ができる

リハデミー お申し込みはこちら

番外編:ヨガ、ピラティスのワークをリハビリに活かそう

もちろんリハビリ向けオンラインセミナーで、リハビリの知識・技術を学ぶのも大切ですが、今はヨガやピラティスもオンラインで学べる時代。

 

ヨガやピラティスの技術・ワークって、リハビリの運動療法でめっちゃ使えるので、知っておくとリハビリの幅が大きく広がりますよ^ ^

 

ヨガやピラティスの知識は、運動器疾患だけでなく中枢疾患でも応用可能なので、セラピストなら知っておくべきなんです。

 

とりあえず、ヨガやピラティスがどんなものか知りたいなら、まずは体験レッスンを受けてみると良いですよ^ ^

 

今だとSOELUというオンラインヨガを体験できるサービスが、30日110円のキャンペーン中!

 

めっちゃお得なので、とりあえずお試しで始めてみても良いんじゃないでしょうか。

 

30日110円

SOELUのお試しに申し込む 

 

まとめ:リハビリ向けオンラインセミナーを活用して、学ぶを加速させよう

この記事では、「リハビリ向けおすすめオンラインセミナー3選プラスα【令和はネットで学ぶ時代】」について書きました。

 

コロナ禍で気軽にリアルなセミナーに参加できない世の中。

 

そんな時に活用したいのが、リハビリ向けのオンラインセミナー !

 

すきま時間を活用できたり、繰り返し見返すことで学習効率が高まったりとメリットが大きく、学習を大きく加速させてくれます^ ^

 

まだオンラインセミナーを活用したことのない人は、以下の3つから選ぶと失敗しないですよ!

 

今回は以上です。

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

お役立ち情報の記事一覧へ

 

人気記事転職経験者が教える!理学・作業療法士におすすめの転職サイトランキング

人気記事運動器疾患のリハビリで本当に役立つおすすめ書籍7選