年収500万円以上の勝ち組PTになる方法

理学療法士の転職で、志望動機はどう書くのがいい?マネしてOKの例文あり

  • URLをコピーしました!
理学療法士

転職を考えているんだけど、志望動機ってどう書いたらいいの?

今回はこんな悩みを解決していきます。

転職のときにどう書けばいいか迷うのが志望動機ですよね。本音は年収アップや、ライフスタイルに合わせてという理由でも、そのまま書くわけにはいきません。

ヤマト

僕はリハ科の採用担当だけど、志望動機の良し悪しでめっちゃ印象が変わるよ

そんな転職において重要性の高い志望動機だからこそ、どう書いたら正解か迷っている理学療法士は多いはず。

そこで本記事では、例文付きで志望動機の書き方を解説していくので、不安な人はマネしてみてください!

目次

PTが転職で志望動機を書くときに意識すべきポイント

志望動機では、書くべきポイントが存在します。このポイントを押さえることで、採用者の印象がグンッと良くなります。

それぞれ解説していきます。

志望動機を明確にする

志望動機が明確でなく、どの病院・施設でも使えるような当たり障りのない理由だと、採用側の印象はかなり悪くなります。

なぜこの職場を選んだのかを、具体的にかつ明確にしておくことが重要です。

ヤマト

志望動機を明確にするには、箇条書きにするのがおすすめだよ

志望先が専門にしている分野・強み、主な対象の患者さんなどをしっかりと把握し、それをベースに志望理由(転職の目的)を挙げていきましょう。

最終的には、「この職場だから成長できる・志望理由が達成できる」という流れに持っていくのがベストです。

ヤマト

特徴をしっかり理解してるのが伝わるとグンっと印象が良くなるよ

ポジティブな理由を書く

ぶっちゃけ転職の理由は、ネガティブな要素がきっかけのことも多いと思います。

  • 職場の人間関係の悪さ
  • 給与の不満
  • 上司のパワハラがある
  • 職場がブラック
  • 経営に不安がある

本音は上記のような理由でも、履歴書には必ずポジティブな理由を書きましょう。

採用側からするとネガティブな要素での転職というのは薄々気づいていますが、本音と建前を使い分けれる柔軟性を見ているところもあります。

ヤマト

ネガティブな理由を書いて、印象が良くなることは100%ないよ

長く働ける(働きたい)ことを伝える

採用側からすると、就職して1〜2年で辞められると、その度に採用コスト・労力が掛かってしまい正直困ります。

例えば同じような人材なら、できるだけ長く働き続けてくれる人材の方を優先します。

ヤマト

特に新卒ですぐに辞められると、新人教育の時間も無駄になるしね

本心はステップアップの一環でその職場で経験を積んで、次のステージにと考えていても、それを履歴書に書くのはNG。

その職場で長く貢献したいと書くのがポイントです!

この職場じゃないとダメな理由を書く

採用側として気になるのは、なぜこの職場を選んだのかということ。

その志望動機が明確になっていないと、当たり障りのない内容になってしまい、採用側からすると「別にうちじゃなくてもいいやん」となって印象は悪くなります。

ヤマト

採用側からすると、職場への熱い思いを知りたいよね

志望する職場の特徴をしっかり把握して、「他にはないこの職場の〇〇という特徴を魅力に感じた」という内容で志望動機を書くのがポイントです。

志望先へのメリットを伝える

採用側からすると、この職場だと成長できそうとか、〇〇疾患が見れるからという本人のメリットばかりを語られても、そこまで印象は良くなりません。

特に経験者だと、「今までの経験を活かして〇〇といった面でこの職場に貢献できる」という、自分を採用するメリットを伝えるのを忘れてはいけません。

ヤマト

志望先へのメリットを伝えられると、グンっと採用率は上がるよ

新卒で経験がない場合には、『今はまだ経験はないけどこれから頑張って成長して還元していきます』のように未来の成長に期待してもらう前向きな記載をするとOK!

履歴書でこれはNG!PT転職の志望動機で書いてはいけないこと

志望動機には書くことで印象が良くなることもありますが、逆に悪くしてしまうNGなこともあります。

特に注意したいのは下記の3点!

クリックで読みたいとこにジャンプ

それぞれ解説していきます。

ネガティブな内容

前職場への不満などネガティブな内容は、必ず印象が悪くなるのでNGです。

  • ブラックな職場だった
  • 上司のパワハラがあった
  • 給与が安くかった
  • 休みが少なかった
  • 通勤時間が長かった

たとえ本音は上記のような理由でも、そのまま志望動機で書くと印象はかなり悪くなります。

ヤマト

悪口を言う人とは、一緒に働きたくないからね

志望動機では、必ず前向きな姿勢を見せることで、採用側の印象も良くなり「一緒に働きたいッ!」となります。

待遇面のことを書く

本音は待遇面の良さが決め手で志望したとしても、それを志望動機に書くのはNG。

  • 給与がいい
  • 残業が少ない
  • 通勤時間が短い

特に給与面ばかりを露骨に書かれると、履歴書の段階で採用率は大きく下がってしまいます。

ヤマト

転職では、本音と建前を使い分けましょう!

もし待遇面で交渉がしたいなら、面接の時に話すか転職サイトの担当者を通すと、印象を悪くすることなくスムーズに交渉できます。

ありきたりな内容

どこの職場でも使えそうな例文そのままの、ありきたりな内容な志望動機は印象悪いです。

パッと見は綺麗な文章ですが、多くの履歴書を見てきた側からすると、「これ例文パクったな」とすぐに分かります(笑)

ヤマト

例文はあくまで参考にしつつ、自分の言葉で書きましょう!

自分の言葉で書いた志望動機は、必ず採用側にも伝わります。

志望する施設別!志望動機の例文・書き方

ここでは施設別に志望動機の例文を紹介していきます。

ヤマト

例文は参考に、自分の経験や言葉でアレンジしてね

総合病院の志望動機

総合病院への転職で意識すべきポイントは2つ。

ポイント
  • 地域医療を担っている
  • 多くの疾患のリハビリに携われる

上記2点を意識して記載していくと良いでしょう!

例文
私は、前職では〇〇分野を中心にリハビリテーションに従事し学んできました。
今後は理学療法としてさらなるスキルアップをしたく、多くの疾患の診療科を有し、幅広い疾患・年代のリハビリテーションを行っている貴院で、理学療法士としての更なる成長をしたいと考えています。
またスキルアップだけでなく、貴院は総合病院として多くの患者さんの生活を支える地域の医療の中心であり、地域の方々に貢献できる場であることも魅了に感じています。

ヤマト

多くのことを学びたいという思いを、その病院の特徴と結びつけて書けばOK!

クリニックの志望動機

整形外科クリニックへの転職で意識すべきポイントは2つ。

ポイント
  • 専門性を理解する
  • 自身の経験をどう還元するか

上記2点を意識して記載していくと良いでしょう!

例文
貴院は、地域に密着しながらスポーツ整形外科といえば〇〇クリニックと言われるほど、多くの患者さんに信頼されていると感じています。
その一員として、私も貴院で多くの患者様を支えていきたいと思い志望しました。
私は小学校の頃からサッカーをしており、これまでにも数多くの怪我を経験し、辛く悔しい思いをすることが多かったです。
そのためこれまで培ってきた理学療法士としての経験に加え、怪我をした選手に気持ちの面でも寄り添いながらリハビリテーションに携わっていけると考えています。

ヤマト

クリニックの専門が何かを理解して、自身の経験と結びつけよう

訪問リハの志望動機

訪問リハへの転職で意識すべきポイントは2つ。

ポイント
  • 在宅に興味を持った理由
  • これまでの経験をどう活かせるか

上記2点を意識して記載していくと良いでしょう!

例文
私はこれまで回復期リハビリテーション病棟で、様々な疾患の患者様のリハビリテーションに携わってきました。
退院支援に関わることも増え、退院がゴールでなく、退院してからの生活が重要だと感じるようになりました。
今後はこれまでの経験を活かし、患者様が住み慣れた自宅・地域でその人らしく生活できるように、ご家族様を含め支えていきたいと考え志望いたしました。

ヤマト

リスク管理や急変にも対応できるよう、経験があることをアピールしよう

老健の志望動機

老健への転職で意識すべきポイントは2つ。

ポイント
  • 老健に興味を持った理由
  • 他職種との連携ができるか

上記2点を意識して記載していくと良いでしょう!

例文
私は他職種間で連携して、生活の自立・在宅復帰を目指すのが理想だと考えています。
そんな中、貴施設の連携は密で素晴らしく、ご高齢者の目線に立った生活支援・在宅復帰を目指されている方針に深く共感しました。
私もその一助になれればと思い、貴施設を志望いたしました。
他職種とも仕事面だけでなく、普段からコミュニケーションを重ね、ご高齢者の生活をより豊かに、そしてスムーズな在宅復帰を目指していきたいです。

ヤマト

リスク管理や急変にも対応できるよう、経験があることをアピールしよう

志望動機や履歴書に不安があるなら、転職サイトを使うのもあり

意識するポイントやNGなことが分かっても、なかなか志望動機が上手く書けない・履歴書の作成に不安があるという人もいるでしょう。

そんな時は転職サイトを活用するのがおすすめ。

転職サイトでは、転職のプロが専属であなたの志望動機や履歴書の作り方を丁寧にアドバイス・サポートしてくれます。

特におすすめは…

ヤマト

特に担当者のサポートが丁寧で、求人数が多いのがこの2つ!

さらに転職サイトが知りたい人は、【最新版】理学療法士おすすめ転職サイトランキング5選!現役PTが厳選を参考にしてみてください!

理学療法士が転職時に悩む志望動機の書き方まとめ

転職の時に悩むのが志望動機の書き方ですよね。

意識すべきポイントは、自分の経験を踏まえて、志望先じゃないといけない理由をポジティブな言葉で書くこと。

決してネガティブな内容や不満を書くのは避けましょう!

今回の例文も示しましたが、これはあくまで参考にしつつ、自身の言葉で記すように意識してください。

例文をそのままパクるとバレるので(笑)

ヤマト

熱い思いを書けば、文章は下手でもしっかり伝わるし好印象だよ

今回は以上です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次