理学療法士が手取りを3万円増やす方法

新人セラピストが治療テクニックよりも、まず先に学ぶべきこと

こんにちは、山崎です。

 

セラピストとして、働き出すと…

  •  患者さんを良くしたい!
  •  ガンガン治して一目置かれたい!
  •  同僚より治療成績を上げたい!

 

きっとこんな風に考えて、書籍やセミナーで色んな治療テクニックを学んでいくでしょう。

過去の僕もそうでした。

 

そのことは凄く大事!

だって患者さんの訴える症状 (痛みや治療)、動き、ADLを治せないといけないですから…。

 

ですが、新人の頃から治療テクニックばかり追い求めてばかりでは、いずれ、いやすぐに壁にぶち当たるでしょう。

 

この記事は、そんな治療テクニックを学ぶよりも、先に学ぶべきことの話。

 

たくさん治療テクニックを学んでるけど、臨床のリハビリが上手くいかないと悩んでいる方へ。

 

文章にしてみたので参考にどうぞ。

新人セラピストが治療テクニックよりも、先に学ぶべきこと

まずは結論から。

治療テクニックよりも先に学ぶべきことは、「評価」です。

 

「おいおい、それ当たり前」って声も聞こえてきそうですが、臨床をしてるとついつい治療テクニックに頼りきってしまんじゃないでしょうか?

 

  • 患者さんの痛みが良くならない
  • 独歩で歩けるようにならない
  • 全然ADLが上がらない

 

こんな時、もっと良い治療方法があるんじゃないか、違うテクニックだと上手くいくんじゃないかと思って、治療テクニックを求めるけど上手くいかず負のループへ…

 

まずは、どこを治すかが大切

なぜ、治療テクニックよりも先に「評価」を学ぶべきなのか。

 

それはリハビリの改善率を上げるのに大事なのが、「どう治す」かではなく「どこを治すか」だからです。

 

めちゃくちゃ効果的なテクニックをセミナーで習っても、そもそも治療すべき部位・組織が間違っていれば、そのテクニックも無意味なことは明らかですよね。

 

なので、まずはどこを治すかというターゲットを知らないと、より効果的なリハビリを患者に提供できないのは当たり前のこと。

 

テクニックを求めすぎると、ドツボにハマる

中には評価もそこそこに、患者にベッドに寝てもらい自分の持ってる治療テクニックを試して、良くなっちゃうケースもあります。

 

それで良くなればいいんですが、上手くいかないとまた違う治療テクニックを試して、それでも上手くいかなければまた別のテクニック…

 

「きっとまだ自分の知らない凄いテクニックがあるはず」と、いろんなセミナーに行くけど、リハビリの改善率は上がらず…

 

きっとこんな人って多いんじゃないでしょうか?

 

セミナーコレクター的な。

テクニックや知識はめっちゃ持ってるけど、なかなか患者さんは良くならないってケース。

 

評価より、治療テクニックを優先してどう治すかにフォーカスしてる人。

めっちゃ気持ちは分かりますが…^^;

 

治療テクニックよりも、評価をまず学ぼう

リハビリで大事なのが、「どう治す」かではなく「どこを治すか」。

 

ターゲットが分からないと、どうアプローチすべきかが分からないのは当然なこと。

 

  • 左右差があるから元に戻す…
  • 硬いからほぐす…
  • 正常から逸脱してるから治す…

 

これでは、患者さんはなかなか良くなりません。

 

評価が不十分な状態で仮に良くなったとしても、どこの組織・動きが変わって、なぜ良くなったかが分からないですよね。

 

なので、まずは評価を大切にする!

このことを意識して臨床にのぞむだけでも、成長に大きな差が生まれますよ^ ^

評価がしっかりできれば、治療は意外とシンプルだったりする

評価が大切!

とは言え、やっぱりリ患者さんの症状・動きを治せないといけないし、治療テクニックは大事と思う人もいるでしょう。

 

ですが、誰もが知ってる凄腕と呼ばれるセラピスト達が行っている治療テクニックって、意外とシンプルなものが多いんです。

 

養成校で習う運動学・解剖学・生理学に基づいた、ストレッチなどシンプルなもの。

 

そんな凄腕と呼ばれるセラピスト達は、共通して評価を大事にしています。

 

どこを治すかが分かっているから、シンプルな治療テクニックで十分に患者さんを良くできるんですね!

評価の力を高めるには、まずは触診が大事

背中のマッサージ

評価する力を高めるには、触診の技術がすごく大事になります。

 

しっかりと圧痛を取ったり、狙った組織を操作できる触診力が、評価の差を生みます。

 

どれだけ素晴らしい評価方法を知っていても、それを再現する触診力がないと意味ないですからね…。

 

もし僕が1年目に戻れるなら、まず触診の勉強をみっちり行い各種評価の方法を学びます。

 

これは臨床を10年以上やってきたからこそ言えること。

 

下記の書籍は少し値段が高いんですが、触診力を高めるには必読と言える書籍。

 

ご検体の写真も多く筋肉や神経・血管の走行のイメージもしやすく解剖の勉強にもなりますよ^ ^

まとめ:評価を重視してリハビリに取り組もう!

この記事では、「新人セラピストが治療テクニックよりも、まず先に学ぶべきこと」について書きました。

 

セラピストとして働き始めると、ついつい治療に目が行きがちになります。

 

それ自体はすごく大事なことなんですが、やっぱり「どこを治すか」がはっきり分かってないとリハビリの改善率はあがりません。

 

もし治療テクニックに頼りきっていると感じるなら、まずは評価をしっかりと行ってみて下さい!

 

どこを治すかが分かれば、自然と治療アイデアも浮かんできて、改善率は上がっていきますよ^ ^

 

今回は以上です。

 

人気記事転職経験者が教える!理学・作業療法士におすすめの転職サイトランキング

人気記事運動器疾患のリハビリで本当に役立つおすすめ書籍7選