コラム一覧

腰痛の原因部位を特定する評価方法

臨床では腰痛(臀部、下肢痛も含める)を対象にしてリハビリを行う機会は非常に多いですよね!

私の勤務する整形外科クリニックでも、腰部疾患で腰痛を主症状としてリハビリのオーダーが出る患者数は全体の4割程度とかなり多くいます。

腰痛はその原因が多岐に渡り複雑であり、腰部に原因がなく身体の様々な部位が原因となっているケースも多くみられます。

そのためリハビリを行う我々セラピストとしても腰痛の原因部位を特定に難渋することが多いです。

腰痛の原因部位の特定に難渋しているセラピストに向けて、この記事では腰痛の原因部位を特定する評価方法についてお伝えしていきます。

腰痛の原因は多様で複雑

腰痛の原因は本当に多様で複雑です。

だからこそ慢性化しやすく多くの患者さんが悩んでいますし、リハビリをする我々セラピストも原因を特定するのに悩んでいると思います。

 

 

整形外科領域では筋肉や骨格、神経にその原因を求めがちですが、それだけでなく内臓やメンタルなど多くの要素が腰痛の原因には挙げられます。

 

 

筋・筋膜の要素でみると中枢部に位置する腰部の筋群は全身の様々な部位の影響を受けます。

アナトミートレインで筋膜の繋がりをみても、腰部周囲の筋・筋膜は手部や足部など末梢の筋膜とも繋がりを持っています。

 

 

 

よくセミナーの告知文やSNSなどで…

 

「腰痛の原因は患部にはない」

「手首からのアプローチで腰痛が治った」

このような文言を目にしたことはないでしょうか??

 

 

セラピスト業界では、腰痛と一見関係のない遠隔部位から治療することが〝凄い!〟と考える傾向があるのは事実です。

 

確かに腰痛の原因部位として患部である腰部や殿部だけでなく、下腿部や手部の筋・筋膜が影響していることもあります。

 

しかしそういったか患部外(遠隔部)だけでなく、やはり患部に原因が潜んでいるケースももちろんあります。

(上記のような謳い文句によって、患部を診ることを疎かにする傾向があるのが危惧されますが^^;)

 

 

ですからこういった文言に踊らされることなく、この辺りはしっかりと評価して腰痛の原因部位が患部なのか患部外なのかを特定していく必要があります。

 

 

それでは早速、具体的な評価方法をみていきましょうー!

STEP1 腰痛の再現動作の確認

まず立位下で患者さんの腰痛(or殿部痛)が再現される動作を確認していきます。

 

 

多くは体幹の前後屈、回旋、側屈で痛みを再現できるかと思います。

この中で主訴の痛みに近い動作や制限の大きい動作、痛みが強くなる動作をみていきます。

 

注意

この記事では、体幹伸展時に痛みが強い・痛みが再現される患者さんを想定した評価方法をお伝えしていきます。

 

 

ちなみに…お伝えする方法は体幹伸展だけでなく、どの動作でも原因部位を推定していく流れは同じになります。

STEP2 座位で痛みの変化を確認

STEP1で確認した腰痛が再現される動作(この記事では体幹伸展とします)を、今度は座位で同じように体幹の伸展を行ってもらいます。

 

 

この座位で体幹伸展の動作を行った場合には、2パターンの結果に分かれてきます。

・座位でも体幹伸展時の痛みが変わらないケース

 

・座位では体幹伸展時の痛みが軽減するケース

 

座位では下肢が動きに参加する割合が少なくなり、主に骨盤から上の部分である脊柱および骨盤(股関節)が主に動きを作り出します。

 

ですから座位でも痛みが変わらないケースでは骨盤より上の部分である脊柱や上肢の影響によって痛みが引き起こされていると推察されます。

 

 

逆に座位で痛みが軽減するケースでは、骨盤より下の部分である下肢の影響によって腰痛が引き起こされていたと推察されます。

STEP3-1 座位で痛みが変わらないケース

座位でも痛みが変わらないケースでは、脊柱や上肢の影響を考慮して評価して原因部位を特定していく必要があります。

 

上肢の影響がある場合

体幹伸展時には、上肢帯は主に動きに付随して前面の筋肉が伸張していく必要があります。

胸筋群などが硬くなってこの動きが制限されているケースでは、体幹伸展を制限して痛みへと繋がっている場合があります。

 

こういった上肢の影響をみていく場合には、あらかじめ上肢を結帯の肢位にして代償させた状態で、体幹の伸展を行ってもらい痛みの変化をみます。

 

 

もし上肢を結帯の肢位にして痛みが軽減or消失する場合には、上肢の影響で体幹伸展が出ていることになります。

 

 

頚部の影響がある場合

体幹伸展時において、頚部は動きに付随して主に前面の筋肉が伸張していく必要があります。

頚部前面の筋群が硬くなってこの動きが制限されているケースでは、体幹伸展を制限して痛みへと繋がっている場合があります。

 

その場合にはあらかじめ上肢を結帯の肢位にして代償させた状態で、体幹の伸展を行ってもらい痛みの変化をみます。

 

 

もし痛みが軽減or消失する場合には、上肢の影響で体幹伸展が出ていることになります。

STEP3-2 座位で痛みが軽減するケース

座位で痛みが軽減するケースでは、骨盤より上の上半身の動きが影響して痛みが出ている可能性は低くなります。

 

ですから座位では体幹伸展時の痛みが軽減するケースでは…

下肢に原因があることが推察されます。

 

 

そうなると次は痛みの原因部位が下肢にあると想定して評価していきます。

 

座位では痛みが軽減or消失するケースでは、さらに膝立ての肢位で体幹伸展の動きをみていきます。

 

 

膝立てで何を診ているかというと…

膝立てでは足部は接地していないので、主には股関節+上半身によって動作が作り出されます。

 

 

この膝立て肢位で動作を行った場合には、次の2パターンの結果に分かれてきます。

・膝立てでは体幹伸展時に痛みが出現してくるケース

 

 

・膝立てでも痛みが軽減or消失したままのケース

 

さらにSTEP 2の段階で座位では痛みが軽減or消失していますので、上半身の影響も腰痛とん関連は低いと評価できています。

ですから膝立てでは、下肢の中でも主に股関節の影響があるかどうかをみていることになります。

 

膝立てでは痛みが出現してくるケース

座位では主に脊柱や上肢の影響によって体幹伸展の動きが作り出されるので、痛みが誘発されていなかったです。

しかし膝立てになったことで股関節によって動作を作り出す必要が出てきたため痛みが出現してきます。

 

そのため腰痛の原因が股関節にあるということが分かってきます!

 

この記事では更なる詳細な評価は割愛しますが…

さらに股関節の肢位を変えながら評価を詳細に行っていき、どの筋肉が最も痛みと関連しているかというレベルまで原因部位を絞っていきます。

 

膝立てでも痛みが軽減or消失したままのケース

膝立てでも体幹伸展時の痛みが軽減or消失したままということは、この体幹伸展時に股関節の動きが影響している可能性が低いということを意味します。

 

立位では体幹伸展時に腰痛が出現するけど、膝立てでは体幹伸展時の腰痛が軽減or消失するということは…

この立位と膝立てでの違いは…

 

 

足部の影響です!

 

 

膝立てでは痛みが軽減or消失するケースでは、足部の影響によって体幹伸展時の腰痛が引き起こされている可能性が高いのです!

 

この記事では更なる詳細な評価は割愛しますが…

さらに足部の肢位を変えながら評価を詳細に行っていき、どの筋肉が最も痛みと関連しているかというレベルまで原因部位を絞っていきます。

今回の評価方法の要約

今回お伝えした腰痛の原因部位を特定する評価方法ですが…

動作の条件を変えて動きに関わる部位を限定して、痛みが出るかor変わらないかを診ていく方法になります。

それによってどこの部位が、最も患者さんの訴える痛みと関連しているかを見極める方法になります。

 

この方法は腰痛に限らず、多くの関節の痛みで同じように条件を変えて原因部位を特定していけます。

いきなり原因部位を特定するのは当て物的な要素もありますので、少しずつ可能性を潰していき特定していく方が確実ですのでオススメです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

腰痛の原因部位を特定するのって本当に難しいですよね。

今回お伝えした方法は、原因が筋・筋膜にあるケースでは非常に効果的ですので是非試してみてください!

しっかりと評価によって原因部位を特定することでより効果的にアプローチができますし、患者さんへの説明やセルフケアも導入しやすくなりますよね^ ^

最後までお読み頂きありがとうございました。